Recycle Park Japan

フィリピン最大級のオークション会場を運営。
フィリピン市場を狙うなら当社にお任せください。

トップ > ニュース・トピックス, リサイクルパークジャパン >  フィリピンでのオークション会場の選び方

2017年10月12日

フィリピンでのオークション会場の選び方

フィリピンには多数のオークション会場がありますが、運営方法は様々です。

サプライヤーの皆様は安全に、わかりやすく、商品が売れ残ることなしに高額取引を希望しているのは当然です。

しかし、そんな会社を見つけるのは困難です。

良く調べると評判なども聞き出すことが出来ます。

オークション会場では様々なケースや運営方法がありますが問題が起きるケースをお知らせいたします。
下記を参考にしてください。

・小さな現地のサープラス(リサイクルショップ)が月に1本のコンテナを買取りお店で販売していくケース。
 店頭の売れ行きが良い場合はたくさん供給できるが、売れていない時はコンテナが止まる場合があります。

・会場自体は大きいがバイヤー様の力があまりない。大量購入できるバイヤーが揃っている会場がお勧め。
 現地の一般人も参加しているケースだと落札金額が上がらない場合や売れ残りが発生します。

・会場と国内の斡旋会社が互いに見えないマージンを取り、売上金額や売れ残り商品が明確ではない。

・コンテナを数本出していくと、商材が同じクオリティーのコンテナなのに売上金額が徐々に下がっていく。

・商品を間違いなく多数送っているのに、商品点数が少ないと言われるケース。

・バイヤーの目が肥えている会場では、きれいな物しか売れない。

このような事がよくありますが、リサイクルパークジャパンでは、なんでも平均的に売れますので、売れ残りはありません。

オークションで取り扱われる
アイテム一例

リサイクルパークジャパン コンセプトムービー

RPJでは、日本でゴミとして処理される物を直して使う(リサイクル)を提案しております。
日本では、ゴミとして捨ててしまうことで廃棄物処理費用がかかりますし、ゴミ熱処理の上でのCO2排出により環境破壊に繋がってしまいます。
家具メーカー様、引越し業者様、遺品整理業者様、リサイクル業者様、不用品回収業者様におかれましては、オークションに参加することでゴミ処理費用の大幅削減を提案致したいと思います。
まだ使える商品はオークション会場で委託販売することをお薦めしております。 実際に取り扱われるアイテム一例をお持ちでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

オークションに参加する